{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

詩集「harmony」

¥880 税込

送料についてはこちら

灰色のバスは夜霧の中を走り、砕かれたショー・ウィンドは水晶のようにキラリ、キラリ。不良品は燃やされて、すっかり煙になってしまう。拾われないままの夥しい靴が道路を埋め尽くし、選り分けられたコンテンツの海の中、呼吸が苦しくなる。カナリアの悲鳴が聞こえたとき、美しいハーモニーは高らかに、僕らの街に響くだろう。使徒たちはそのラッパを手放すことはない。たとえ終末が訪れたとしても。 二宮敏泰 画